命を伝え自然で癒す猟師&料理人
山本里志

自然を通じて命を語る 広島の猟師&料理人のやまもとは肝心なことを忘れていました

料理について


 

 

【知ることが最幸の癒し】

 

 

ご先祖様に感謝をし
この国の素晴らしさと

脈々とつながる命の価値を

 

 

ワタシに関わって下さる
全ての人に伝え続けていくために

 

 

 

使命をもち広島に産まれ

「命の循環」をお伝えすべく

自由に旅する猟師&出張料理人

 

 

 

料理歴25年の経験と知識により

自然の素材を活かし切る

 

 

 

そんなやまもとのブログでございます

 

 

 

再起

 

 

 

今日はそんなお話

 

 

ぜひお読みください

 

 

 


 

 

 

本日は

安芸高田市甲田町の

冷え冷えのアジトでブログを描いている

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

先日まで過ごした

広島市内とは別世界じゃな〜やっぱ笑

 

 

 

でも

ぴーんとはった空気は

心地よくもあるもんです

 

 

 

 

日中は土木の現場からの

帰宅後はコチラの製作を

 

 

新春🎍わんちゃんと家族の幸せ企画””笑顔溢れる1年の始まりをお届けします””

 

 

 

愛犬には手作りごはん!

 

 

 

 

「かおりん」こと

神戸のアツい仲間が

ワタシの鹿肉を気に入ってくれて

企画に組み込んでくださいました

 

 

 

正真正銘

ワタシが獲るところから解体まで

すべて自身で行った鹿肉のみを使い

 

 

 

鹿肉からダシをとり

1番ダシとあわせて鍋のスープに

 

 

 

鹿肉はパック後に

さらに低温調理をかけるという

荒技を披露する

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

 

 

イメージ通り

キレイな黄金色になりました

 

 

 

愛犬と過ごす素敵な

食事の時間のお供になるように

心を込めてつくらせて頂きました

 

 

 

命の味を感じて頂けたら

何よりでございます

 

 

 

ワタシに獲られた鹿さんに

感謝の気持ちを込めつつ

 

 

 

 

そしてもういっちょ

 

 

 

命の味シリーズ

「重ね煮 海の幸」の

イメージがようやく固まったので

 

 

 

具現化してみました

 

 

 

ワタシは重ね煮で

縄文の味を再現することばかり

考えていたので

 

 

 

料理としての完成度を

見落としてしまっていた

 

 

 

料理人失格の図

 

 

 

昨日に実家で

すき焼きをつくりながら

ハッと気がついたやつ

 

 

 

 

素材ごとに火を入れて

最後にひとつにあわせて

美味いすき焼きになるように

 

 

 

各工程を見直し

素材ごとに仕込みをすことで

より素晴らしいものになると気付いた

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

「今までやってきたことを

想い出してみればいい」

 

 

 

刺身ひとつにしても

ただ切って盛り付けるじゃなくて

 

 

 

素材ひとつひとつに

手間ひまかけて仕事をしてきたじゃないか

 

 

 

感動のある味を!と

追いかけていたじゃないか

 

 

 

アツい想いがよみがえる

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

完成などない

一生かけて追い求める最高値

 

 

 

 

 

気持ちを新たに

明日からも精進してまいります

 

 

 

 

本日もお読み頂き

ありがとうございます

 

 

 

また描きますね

 

 

 

ではでは〜

 

 

 

お問い合わせ

活動地域 広島県全域
マップを見る
営業時間 平日10:00〜18:00
ホームページ

           

猟師&料理人

                               
名前山本 里志
住まい広島県

Profile

21歳より飲食店で働き始め37歳で和食店「京蒸」を広島市の一等地に独立開業

8年間営業をする中で自身の体調不良や妻の免疫系疾患を経験する

これをきっかけに 「カラダは食べ物で出来ている事」を痛感する

現代に溢れる食べ物はカラダを壊すまがい物と知り自然な食材の大切さに気づき、化学調味料や農薬まみれの野菜や養殖の魚や家畜などを食べない自然なものだけの食生活を 約2年間続けることで自身も妻も健康を取り戻した経験を持つ

その経験から野菜は無農薬野菜 魚は天然 肉は自ら猟師として調達するジビエ 調味料は天日塩のみを使用するカラダのためにしかならない食事を考案する

より多くの方に食事の大切さを伝えるべく店舗を閉め自然な食の大切さを伝え歩く猟師&料理人として2023年1月より再スタートを切る

化学調味料を使わない料理は「味気ない」「美味しくない」と評されることが多いが料理歴25年の経験と知識から独自の「美味しさ」を表現する「重ね煮」のスタイルを考案し現在に至る

現在は広島以外にも顧客を持つ出張料理人として活躍しながら猟師としての講演も人気を博している

人気記事(月間)

まだデータがありません。

月別記事