命を伝え自然で癒す猟師&料理人
山本里志

【広島の猟師&料理人】のやまもとは命の声を聴いています

vol.728

 


 

 

 

まいどです〜

 

 

猟師&料理人の

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

 

本日は

新アジトである吉田町の

「やまもと帝国」でブログを描いている

 

 

 

 

昨日のブログに描いたように

ヒザから下がカイカイで崩壊状態なので

今日中にこれをなんとかすべく

 

 

 

完全オフにした

 

 

 

足首のジュクジュクガひどくて

クツはいたら悪化するばっかなんで

 

 

 

今日は足首を使わないように

おとなしく過ごす日にした

 

 

 

自然な状態をキープする日

 

 

 

昨日の現場はムリ言って

サンダルで過ごさせてもらった

 

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

 

現場にクルマで向かう途中

コタツ生活から脱却するには

ベット欲しいな〜なんて想いつつ

 

 

 

早めに現場についたから

なにげなくスマホをみてみると

 

 

 

 

「シングルベット譲ります」と

あるもんでくらそう庫!という

facebookのグループに

 

 

 

 

ベットが出てた笑

 

 

 

ここはワタシの友人が主催者の

物々交換のページ

 

 

 

「いただけますか〜?」と

さっそくメッセージしたら

 

 

 

快諾

 

 

 

現場の帰り道じゃったし

寄らせてもろーて引き受けて

そのまま軽トラに積み込んで

 

 

 

 

やまもと帝国に設置

 

 

 

深夜2時に笑

 

 

 

掃除機をかけてからの

朝日の当たる窓際にセット

 

 

 

 

 

 

快眠

 

 

 

 

 

そして朝日に目を覚まさせられ

しばし日光浴を

 

 

 

室内で半裸でね笑

 

 

 

適度なピリピリが気持ちよか〜

 

 

 

紫外線殺菌ですな

 

 

 

おかげで腰回りも

ヒザから下も復活に向け

動き出してくれた

 

 

 

自然のチカラおそるべし

 

 

 

なんかやる気が出てきて

ギターの弦も張り替えてみたり

 

 

 

 

 

 

弦を張り替えて一息ついたころ

 

 

 

3/20の

「よねよね30周年記念ライヴ」で

オープニングアクトを演ってくれる

 

 

 

「ライトヴォイス」から着信が

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近

体調が良くないと連絡があって以来

久しぶりの連絡

 

 

 

彼もまた

波乱万丈の人生を経て

音楽に目覚め 没頭したアーティスト

 

 

 

どうしても彼と

ライヴハウスのステージに

あがってみたかったから

 

 

 

打診したんよね

 

 

 

「よねよね」としては

ライヴハウス以下でのハコでは

演奏しませんと決めた

 

 

 

表現したいこと

伝えたいことを

 

 

 

音として伝えられるのが

ライブハウスだから

 

 

 

ミュージシャンが

音にこだわらんでどうする?

 

 

 

オレは演奏家じゃなくて

 

 

 

表現者

 

 

 

あ〜

言ってしまった笑

 

 

 

そのためのブログでもあるし

毎日描くのもそういうこと

 

 

 

「自分の人生を表現すること」

 

 

 

伝えたいことを

最大限に伝えるためには?

 

 

 

手をかえ品をかえ

変化していくのは当然のこと

 

 

 

そしてそれに

 

 

 

「出逢い」が拍車をかけるもの

 

 

 

より伝わるようにするには

どうしたらいいのか?

 

 

 

ひとつは

 

 

 

こだわりをすてる事かな

 

 

 

「こうでなきゃいけない!」

 

 

 

そんなもん伝わるわけないわな笑

 

 

 

ブログを描き始めて

もうすぐ2年がすぎるけど

 

 

 

ようやくそれに気づいた

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

「できれば自然に近い暮らしをしをどうぞ」

 

 

 

 

オレが言えるのはその程度

 

 

 

その深さを魅せるのは

オレの暮らしぶりからしかないよね

 

 

 

 

そんなこんなで

ますます充実のやまもと帝国

 

 

 

 

足首もだいぶ

改善の兆しじゃし

 

 

 

今夜は庭で

鹿肉焼いて喰ってやる〜

 

 

 

 

 

本日もお読みいただき

ありがとうございます

 

 

 

また描きますね

 

 

 

ではでは〜

 

 

お問い合わせ

活動地域 広島県全域
マップを見る
営業時間 平日10:00〜18:00
ホームページ

           

猟師&料理人

                               
名前山本 里志
住まい広島県

Profile

21歳より飲食店で働き始め37歳で和食店「京蒸」を広島市の一等地に独立開業

8年間営業をする中で自身の体調不良や妻の免疫系疾患を経験する

これをきっかけに 「カラダは食べ物で出来ている事」を痛感する

現代に溢れる食べ物はカラダを壊すまがい物と知り自然な食材の大切さに気づき、化学調味料や農薬まみれの野菜や養殖の魚や家畜などを食べない自然なものだけの食生活を 約2年間続けることで自身も妻も健康を取り戻した経験を持つ

その経験から野菜は無農薬野菜 魚は天然 肉は自ら猟師として調達するジビエ 調味料は天日塩のみを使用するカラダのためにしかならない食事を考案する

より多くの方に食事の大切さを伝えるべく店舗を閉め自然な食の大切さを伝え歩く猟師&料理人として2023年1月より再スタートを切る

化学調味料を使わない料理は「味気ない」「美味しくない」と評されることが多いが料理歴25年の経験と知識から独自の「美味しさ」を表現する「重ね煮」のスタイルを考案し現在に至る

現在は広島以外にも顧客を持つ出張料理人として活躍しながら猟師としての講演も人気を博している

人気記事(月間)

まだデータがありません。

月別記事