命を伝え自然で癒す猟師&料理人
山本里志

【広島の猟師&料理人】のやまもとは春の訪れを感じてきました

自然について

vol.729

 


 

 

 

まいどです〜

 

 

猟師&料理人の

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

本日は

安芸区瀬野の現場へ行ってきた

 

 

 

雨が降ったり晴れたり

また降って風が冷たくなったり

 

 

 

外の仕事の醍醐味を満喫してきた笑

 

 

 

小屋の解体をしたり

土砂を運んでスコップですくったり

 

 

 

盛りだくさんの1日

 

 

 

朝はごはんと味噌汁で腹ごしらえ

昼はお弁当と熱いお茶を持参し

 

 

 

デトックスを続けてみた

 

 

 

しかしカラダを使う仕事は

よくハラがへりますのう笑

 

 

 

さすがに米が食べたくなる

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

休みの日とか

カラダへの負荷が軽い日は

1食で充分なんじゃが

 

 

 

今日は3食きっちりいただきました

 

 

 

 

食べたものを消化するのにも

パワーを使うわけだから

 

 

 

カラダを休め

回復をうながしたい時は

あんまし食べないようにする

 

 

 

消化に使うパワーを

回復のほうにまわすイメージ

 

 

 

自然治癒能力

 

 

 

僕らに備わっている

素晴らしい能力

 

 

 

つねにカラダを最新に保つチカラ

 

 

 

これをフルパワーで稼働させるには

不自然なものをカラダに入れないようにする

 

 

 

不自然なものが入ってくると

まずはそれを除去することから始めるから

回復の方にパワーを使えなくなる

 

 

 

これはまぁ

ワタシの体感と体験でしかないけれど

 

 

 

イメージとしては

自然治癒パワーが1日に50使えるとして

体内に入る不自然なものがゼロならば

 

 

 

50まるごとを回復に回せるんじゃけど

 

 

 

不自然が30入ってきたら

回復には20しか使えない

 

 

 

不自然が50なら

回復にはパワー使えんやつ

 

 

 

不自然が70なら

マイナス20がダメージとして蓄積

 

 

 

このマイナスを毎日繰り返すと。。。

 

 

 

やがて不調が訪れ

何かしらの症状として現れてくる

 

 

 

これが病気と言われるもの

 

 

 

病院に行ったら

何かしらの病名を頂くことになるやつ

 

 

 

1日に3食を食べる人は

そのうちの1食をダメージゼロの

シンプルなものに変えるだけで

 

 

 

だいぶ違ってくる

 

 

 

朝は具沢山の味噌汁だけにして

あとは好きなもん食べるとか

 

 

 

お昼のコンビニ食を

お手製のおにぎりに変えてみるとか

 

 

 

ちなみにワタシの今日のお昼は

日の丸弁当です

 

 

 

海苔とちりめんくらいは添えたけど笑

 

 

 

仕事した後の夜は

好きなもん食べたいじゃろうし

 

 

 

朝と昼で調整するのが

いいんじゃないかなぁ

 

 

 

毎日けなげに働くカラダに

少しラクをさせてやりましょう

 

 

 

そんなの関係ねぇ

 

 

 

そういう方は

そのままどうぞお進み下さい

 

 

 

ワタシにゃ関係ねぇ

 

 

 

 

今日は現場で

春の訪れを感じるひとコマが

 

 

 

 

 

 

つくし

 

 

 

久しぶりにみたなぁ

 

 

 

子どもの頃に

ばぁちゃんとつくしを摘んでたのを

なんか想い出した

 

 

 

今日も夕陽は美しい

 

 

 

 

 

 

 

さてさて明日も

瀬野の現場へ向かうので

 

 

 

 

はよ寝ます

 

 

 

本日もお読みいただき

ありがとうございます

 

 

 

また描きますね

 

 

 

ではでは〜

 

 

 

 

お問い合わせ

活動地域 広島県全域
マップを見る
営業時間 平日10:00〜18:00
ホームページ

           

猟師&料理人

                               
名前山本 里志
住まい広島県

Profile

21歳より飲食店で働き始め37歳で和食店「京蒸」を広島市の一等地に独立開業

8年間営業をする中で自身の体調不良や妻の免疫系疾患を経験する

これをきっかけに 「カラダは食べ物で出来ている事」を痛感する

現代に溢れる食べ物はカラダを壊すまがい物と知り自然な食材の大切さに気づき、化学調味料や農薬まみれの野菜や養殖の魚や家畜などを食べない自然なものだけの食生活を 約2年間続けることで自身も妻も健康を取り戻した経験を持つ

その経験から野菜は無農薬野菜 魚は天然 肉は自ら猟師として調達するジビエ 調味料は天日塩のみを使用するカラダのためにしかならない食事を考案する

より多くの方に食事の大切さを伝えるべく店舗を閉め自然な食の大切さを伝え歩く猟師&料理人として2023年1月より再スタートを切る

化学調味料を使わない料理は「味気ない」「美味しくない」と評されることが多いが料理歴25年の経験と知識から独自の「美味しさ」を表現する「重ね煮」のスタイルを考案し現在に至る

現在は広島以外にも顧客を持つ出張料理人として活躍しながら猟師としての講演も人気を博している

人気記事(月間)

まだデータがありません。

月別記事