命を伝え自然で癒す猟師&料理人
山本里志

【広島の猟師&料理人】のやまもとは山がつくとこに縁があるようです

vol.732

 


 

 

 

まいどです〜

 

 

猟師&料理人の

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

今日は福山市の神辺に行ってきた

 

 

 

 

中国情報グループさんから

野島氏に「忠左衛門」の

取材の依頼があり

 

 

 

ワタシも

「忠左衛門」の料理長として

同席させて頂いた次第

 

 

 

 

 

正式な場には

いつもスーツで望む

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

 

 

写真とっときゃえかったな笑

 

 

 

安芸高田市吉田町にある

古民家を譲り受けてから

今に至る事の経緯を

 

 

 

時系列で野島氏の言葉で

リアルタイムに聴けたし

いい時間じゃった

 

 

 

なぜ

「忠左衛門」なのか?

 

 

 

はい ここがハイライトよ〜

 

 

 

ライターさんの腕が

光るところでしょう

 

 

 

 

「忠左衛門」とは別に

ワタシのことも取材していただき

 

 

 

中国ビジネス情報という有料誌に

 

 

 

ワタシの特集?が

「忠左衛門」の特集の号とは別で

1ページ丸々載るらしい

 

 

 

 

 

 

 

地獄の2年前と

別の世界にいる

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

 

まああの地獄があってこそ

今の自分があるんじゃけどね笑

 

 

 

筋トレみたいなもんじゃけど

やっぱ負荷をかけないと

育つもんも育たんってことよ

 

 

 

この毎日の

ブログもそうなんじゃけど

 

 

 

「毎日描く」からこそ

日々のコントラストがでるから

結果 いいものになっていくわけで

 

 

 

人間らしさが

イヤでも出ちゃうやつ

 

 

 

「ブログはリアルエンターテイメント」と

呉の焼山で美容師をやってる友が言った

 

 

 

彼もまた

毎日ブログを描いているツワモノ

 

 

 

 

 

 

彼の感性は

しなやかで美しく

 

 

 

時に激しい笑

 

 

 

そんな彼が

ワタシは大好きでね

 

 

 

今のワタシがあるのは

彼のおかげっていうところ大

 

 

 

仲間たちに

真剣に向き合える

激アツなオトコ

 

 

 

最大限のリスペクトを

ここに記そう

 

 

 

 

「人生を変える」という

壮大なチャレンジ

 

 

 

 

石橋叩いて渡れりゃあ

そんなことにもならんのじゃろうが

 

 

 

たちまち手ぶらで渡ってみるのが

 

 

 

「ロックンローラー」の宿命なんでね笑

 

 

 

 

気づけばもう

あと5日後には

 

 

 

福山でライヴやるんじゃな

 

 

 

「よねよね30周年記念ライヴ」

 

 

 

これもまたどうせ

人生のフシメになるじゃろうて〜

 

 

 

なぜか福山で勢力を増す

 

 

 

そんなやまもとです笑

 

 

 

 

本日もお読みいただき

ありがとうございます

 

 

 

また描きますね

 

 

 

ではでは〜

 

 

 

お問い合わせ

活動地域 広島県全域
マップを見る
営業時間 平日10:00〜18:00
ホームページ

           

猟師&料理人

                               
名前山本 里志
住まい広島県

Profile

21歳より飲食店で働き始め37歳で和食店「京蒸」を広島市の一等地に独立開業

8年間営業をする中で自身の体調不良や妻の免疫系疾患を経験する

これをきっかけに 「カラダは食べ物で出来ている事」を痛感する

現代に溢れる食べ物はカラダを壊すまがい物と知り自然な食材の大切さに気づき、化学調味料や農薬まみれの野菜や養殖の魚や家畜などを食べない自然なものだけの食生活を 約2年間続けることで自身も妻も健康を取り戻した経験を持つ

その経験から野菜は無農薬野菜 魚は天然 肉は自ら猟師として調達するジビエ 調味料は天日塩のみを使用するカラダのためにしかならない食事を考案する

より多くの方に食事の大切さを伝えるべく店舗を閉め自然な食の大切さを伝え歩く猟師&料理人として2023年1月より再スタートを切る

化学調味料を使わない料理は「味気ない」「美味しくない」と評されることが多いが料理歴25年の経験と知識から独自の「美味しさ」を表現する「重ね煮」のスタイルを考案し現在に至る

現在は広島以外にも顧客を持つ出張料理人として活躍しながら猟師としての講演も人気を博している

人気記事(月間)

まだデータがありません。

月別記事