命を伝え自然で癒す猟師&料理人
山本里志

【広島の猟師&料理人】のやまもとのカラダは人の想いを受け止めました

自然について

vol.736

 


 

 

 

まいどです〜

 

 

猟師&料理人の

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

本日は

かなり久しぶりに

病院へ行ってきた

 

 

 

大朝の現場の合間に

無理を聞いてもらい行ってきた

 

 

 

昨日は今までで

最高にカユくてイタかった

 

 

 

左腕と腰まわりのジンマシンは

明らかに膝から下の原因とは

まったくベツモノと判定させるに

 

 

 

ふさわしいモノじゃった

 

 

 

気が狂いそう笑

 

 

 

現場を終えて帰宅して

膝から下のガーゼをはがしてみてみると

 

 

 

アウト〜

 

 

 

これは自然のチカラだけでは

回復は無理なヤツ判定を下した

 

 

 

22:30のやまもとです

 

 

 

右の足首は腫れてるし

このままにしといたら

そのうちホンマ腐るんちゃうか?

 

 

 

見た目はそんな感じ〜

 

 

 

膝から下はもう

痛みもかゆみもないんじゃが

見た目がヒドすぎ笑

 

 

 

吉田病院に電話してみて

さすがに深夜は皮膚科はないですよねぇ?と

受付の女性に聞いてみたら

 

 

 

「今夜は頑張って耐えて

明日来てください!」

 

 

 

朝から大朝で現場じゃと言うと

 

 

 

「悪くなって仕事ができなくなるようじゃ

逆に困るでしょう?」と

 

 

 

ビーナスか

 

 

 

優しい口調で

さとして下さいました

 

 

 

調べてみたら

大朝の現場の近くに皮膚科を発見〜

 

 

 

休み時間に行ってみょ

 

 

 

現場について

今日のメンバーに不調のことを伝えると

 

 

 

「現場はワシらがたちまちやっとくけ

気にせんでええけすぐ行ってこい」と

 

 

 

キングか

 

 

 

オトコマエなお声をもらい

 

 

 

最寄の皮膚科に電話したら

 

 

 

「この電話は

現在使われておりましぇん」

 

 

 

ギャグか

 

 

 

どうやらだいぶ前に

廃業されとるようじゃ

 

 

 

総合病院みたいなんもあったから

問い合わせてみると

 

 

 

「ウチにも皮膚科がないんです」

 

 

 

結局

昨夜連絡した吉田病院まで

来た道をさかのぼる

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

「いろんな経緯が重なって

サイアクの状態」である事を

問診票に書き

 

 

 

先日ぬった市販のかゆみ止めが

アレルギー反応の原因かもって

問診票に書き

 

 

 

待つこと数分で呼ばれて

「その薬 いま持ってます?銘柄わかる?」

 

 

 

「家のゴミ箱に入っとります

腹たつけ捨ててやったやつじゃし

名前なんか覚えるつもりもなかった」

 

 

 

「それ 持ってきてもらえますか?」

 

 

 

「クルマで2分じゃし 行ってきましょ」

 

 

 

憎きアヤツをゴミ箱からひろいあげ

もういちど吉田病院へ〜

 

 

 

「コイツです」

 

 

 

受付の女性に手渡して

カユさとイタさに耐えつつ

呼ばれるのを待つしかねぇ。。。

 

 

 

やっと呼ばれて患部を披露すると

 

 

 

「ありゃ〜こりゃなかなかですね〜

よぅ今まで頑張っちゃったですね」

 

 

 

「根性です」

 

 

 

菌のふき取りテストやら

回復までの段取りを

丁寧に教えて下さいました

 

 

 

「まずは強制リセットしましょう」

 

 

 

そんなんできるんか〜い

 

 

 

ファミコンのリセットボタンか

 

 

 

できる事なら

ワタシの人生ごとお願い〜笑

 

 

 

要するに

ステロイド治療ってやつじゃけど

まずは体内から治していきますって

 

 

 

元々は虫刺されから始まって

今に至るので

虫刺されに効果のある薬

 

 

 

菌の侵入の可能性があるので

抗生物質

 

 

 

とびひの可能性もあるので

それを防ぐ薬

 

 

 

そしてかゆみを止める薬と胃薬

 

 

 

こんなにのむんか

 

 

 

じゃがしかし

膝から下のキズは

3日後には良くなるはずって

 

 

 

マジ?

効きすぎなんちゃいますか。。。

 

 

 

痒いところに塗る用の

ワセリンをたっぷり出しときますと

 

 

 

 

これまたステロイドも混ぜてある軟膏を

処方してもらった次第

 

 

 

良くないのはわかっとるんじゃが

 

 

 

昨夜のビーナスのひとことが頭をよぎり

 

 

 

「これからまだまだ家族のために

がんばらにゃいけんのじゃし

5月には忠左衛門のオープンも控えとるし

はよ治さんといけんけしゃーない」

 

 

 

体内と体外からの

ステロイド治療でリセットかけてきます

 

 

 

良くなってからまた

デトックスしたらええか

 

 

 

そして処方箋の紙をもらって

最寄の薬局へ行ってまってたら

 

 

 

「やまもと さとしさーん」

お呼びじゃ

 

 

 

調剤してくれた感じのいいお姉さんが

親切に説明して下さいました

 

 

 

飲み方の説明だけして

終わりくらいのもんじゃろーと

ワタシは思い込んでたから

 

 

 

けっこうびっくりするほど

親身になって話してくれたし

いろいろと心配もしてくれた

 

 

 

「こういう肌の治療は初めて?

がんばってはやく治しましょうね!

わからない時はすぐ連絡してね」

 

 

 

エンジェルか

 

 

 

いろんな方に

こうも親身になってもらえると

悪いモンも良いモンに変わってしまう感覚

 

 

 

根本治療ではないけれど

 

 

 

良くなってほしいという気持ちが

周りから伝わってきたし

 

 

 

そうゆうので実際に

良くなったりするんじゃろう

 

 

 

結果よくなったら

苦しみからは解き放たれるわけで

 

 

 

これはこれでええんじゃの

 

 

 

まぁでも

自然のチカラじゃどうにもならんほど

追い込まれないような暮らしをせんとな

 

 

 

「衣食住」

 

 

 

リセット後に改めて整えにかかる

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

さてさて明日は

いよいよ「よねよね30周年記念ライヴ」

 

 

 

イタミもカユミもない状態で

迎えることはできるのか笑

 

 

 

よねよねにとっては

ライヴハウスでの演奏は15年ぶり

 

 

 

いろんなとこでやってはみたが

やはり我々がライヴハウスに帰ったワケ

感じてもらえると想います

 

 

 

オープニングアクトの

ライトヴォイス氏も

いい感じに仕上げてきてるし

 

 

 

 

13:30に集合よ〜

 

 

 

 

 

 

 

本日もお読みいただき

ありがとうございます

 

 

 

また描きますね

 

 

 

ではでは〜

 

 

 

お問い合わせ

活動地域 広島県全域
マップを見る
営業時間 平日10:00〜18:00
ホームページ

           

猟師&料理人

                               
名前山本 里志
住まい広島県

Profile

21歳より飲食店で働き始め37歳で和食店「京蒸」を広島市の一等地に独立開業

8年間営業をする中で自身の体調不良や妻の免疫系疾患を経験する

これをきっかけに 「カラダは食べ物で出来ている事」を痛感する

現代に溢れる食べ物はカラダを壊すまがい物と知り自然な食材の大切さに気づき、化学調味料や農薬まみれの野菜や養殖の魚や家畜などを食べない自然なものだけの食生活を 約2年間続けることで自身も妻も健康を取り戻した経験を持つ

その経験から野菜は無農薬野菜 魚は天然 肉は自ら猟師として調達するジビエ 調味料は天日塩のみを使用するカラダのためにしかならない食事を考案する

より多くの方に食事の大切さを伝えるべく店舗を閉め自然な食の大切さを伝え歩く猟師&料理人として2023年1月より再スタートを切る

化学調味料を使わない料理は「味気ない」「美味しくない」と評されることが多いが料理歴25年の経験と知識から独自の「美味しさ」を表現する「重ね煮」のスタイルを考案し現在に至る

現在は広島以外にも顧客を持つ出張料理人として活躍しながら猟師としての講演も人気を博している

人気記事(月間)

まだデータがありません。

月別記事