命を伝え自然で癒す猟師&料理人
山本里志

自然を通じて命を語る 広島の猟師&料理人のやまもとはようやく自覚をしたようです


 

 

【知ることが最幸の癒し】

 

 

ご先祖様に感謝をし
この国の素晴らしさと

脈々とつながる命の価値を

 

 

ワタシに関わって下さる
全ての人に伝え続けていくために

 

 

 

使命をもち広島に産まれ

「命の循環」をお伝えすべく

自由に旅する猟師&出張料理人

 

 

 

料理歴25年の経験と知識により

自然の素材を活かし切る

 

 

 

そんなやまもとのブログでございます

 

 

 

ワタシの命の使いみち

 

 

 

今日はそんなお話

 

 

ぜひお読みください

 

 

 


 

 

 

本日も

安芸郡府中町の本宅にて

ブログを描いている

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

広島市内への遠征も

残すところあと2日

 

 

 

今夜は某ゆめタウン内の

お寿司屋さんへ社会科見学に〜

 

 

 

従業員入り口はどこや笑

 

 

 

迷いに迷う

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

1時間前に現地に

着いておいてよかったわ

 

 

 

初めての現場は

これがあるからこわいやつ笑

 

 

 

10分前には現場入りし

店長さんに挨拶をすませ

 

 

 

着替えていざ仕事開始〜

 

 

 

安定の洗い場なんですが笑

店内を案内してもらいながら

全体像をつかみつつ

 

 

 

初めてみる

寿司がのってる皿を洗う

専用のマシンにびっくり〜

 

 

 

こんなんあるんや〜

めっちゃ便利じゃん〜

 

 

 

食洗機はまた別にあるし

 

 

 

無敵じゃ

 

 

 

ベテラン社員さんたちと

若い子たちと

異国の方たちが

 

 

 

一緒になって営業されてて

 

 

 

なるほど〜なんて思いつつ

今日も全力投球をみせる

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

洗いまくり笑

 

 

 

ひとしきり片付けも終わり

若者たちと箸を箸袋に入れながら

 

 

 

しばしご歓談を笑

 

 

 

みんな明後日が

成人式なんじゃと〜

 

 

 

ヤングじゃ笑

 

 

 

真面目に働くし明るいし

みんないい子たちじゃったな〜

 

 

 

楽しい成人の日を迎えてくださいまし

 

 

 

おじさんも

もっとがんばらんといけんな〜

 

 

 

 

新年の三ヶ日で

「重ね煮から学ぶ命の循環 僕らのルーツ」というテーマでの

自らの想いをのせてみた講演台本の仮テイクを描いてみて

 

 

 

赤ペン先生にみてもらい

添削していただいた内容が

昨日に届きまして

 

 

 

人は1人で生きていくものではないと

改めて痛感しました

 

 

 

1人で生きていくと

ひとりよがりになるのは間違いない

 

 

 

ワタシしょっちゅうなっちゃうから笑

 

 

 

もうそういう生き方も

終わりにできる環境が

整ってきていることが

 

 

 

なんか嬉しかったし

安心したというか

 

 

 

1人じゃないって想った

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

やっと気付いたか やまもと〜笑

 

 

 

ほんまアホなヤツなんですが

 

 

 

今後ともなにとぞ

よろしくお願い申し上げます

 

 

 

 

来週からは

安芸高田のアジトに戻り

 

 

 

自分の想いをのせた

最強の重ね煮を目指す旅の

 

 

 

準備を始めるとしよう

 

 

 

人生をかけて挑むには

ふさわしいテーマじゃないか

 

 

 

「重ね煮から学ぶ命の循環 僕らのルーツ」

 

 

 

先生の添削をもとにさらに磨きをかけ

これをたくさんの方に伝えていくのが

 

 

 

ワタシの命の使いみち

 

 

 

 

てなわけで

明日はさいたまから

家族が帰ってくるってことで

 

 

 

はよ起きて

掃除やらしとかんといけんので

 

 

 

はよ寝ます

 

 

 

 

本日もお読みいただき

ありがとうございます

 

 

 

また描きますね

 

 

 

ではでは〜

 

お問い合わせ

活動地域 広島県全域
マップを見る
営業時間 平日10:00〜18:00
ホームページ

           

猟師&料理人

                               
名前山本 里志
住まい広島県

Profile

21歳より飲食店で働き始め37歳で和食店「京蒸」を広島市の一等地に独立開業

8年間営業をする中で自身の体調不良や妻の免疫系疾患を経験する

これをきっかけに 「カラダは食べ物で出来ている事」を痛感する

現代に溢れる食べ物はカラダを壊すまがい物と知り自然な食材の大切さに気づき、化学調味料や農薬まみれの野菜や養殖の魚や家畜などを食べない自然なものだけの食生活を 約2年間続けることで自身も妻も健康を取り戻した経験を持つ

その経験から野菜は無農薬野菜 魚は天然 肉は自ら猟師として調達するジビエ 調味料は天日塩のみを使用するカラダのためにしかならない食事を考案する

より多くの方に食事の大切さを伝えるべく店舗を閉め自然な食の大切さを伝え歩く猟師&料理人として2023年1月より再スタートを切る

化学調味料を使わない料理は「味気ない」「美味しくない」と評されることが多いが料理歴25年の経験と知識から独自の「美味しさ」を表現する「重ね煮」のスタイルを考案し現在に至る

現在は広島以外にも顧客を持つ出張料理人として活躍しながら猟師としての講演も人気を博している

人気記事(月間)

まだデータがありません。

月別記事