命を伝え自然で癒す猟師&料理人
山本里志

自然を通じて命を語る 広島の猟師&料理人のやまもとは束の間の正月を楽しんでいます


 

 

【知ることが最幸の癒し】

 

 

ご先祖様に感謝をし
この国の素晴らしさと

脈々とつながる命の価値を

 

 

ワタシに関わって下さる
全ての人に伝え続けていくために

 

 

 

使命をもち広島に産まれ

「命の循環」をお伝えすべく

自由に旅する猟師&出張料理人

 

 

 

料理歴25年の経験と知識により

自然の素材を活かし切る

 

 

 

そんなやまもとのブログでございます

 

 

 

エネルギー変換

 

 

 

今日はそんなお話

 

 

ぜひお読みください

 

 

 


 

 

本日は

広島市東区民文化センターにて

ブログを描いている

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

久しぶりの完全オフ

ようやくつかの間の正月休みです

 

 

 

となりのとなりの

東区地域福祉センターにて

14:00から行われる

 

 

「NPO法人えんじょいんと」さんの

創立10周年記念イベントに参戦

 

 

 

 

昨年の12月に再会をはたした

理事長 得本 令子さんより

直々にお誘いいただき

 

 

 

音楽の演奏会と講演会

夕方からはお食事会という

ハレの宴の流れです

 

 

 

最近は山やら現場やら

機能性重視でありましたが

 

 

 

今日は久しぶりに

ネクタイなんかしめちゃって笑

 

 

 

 

なんでか知らんが

顔パンパンじゃし笑

 

 

 

しかし今日は

さすがに広島市内といえど

けっこう寒いな〜

 

 

 

そんな寒い広島へ

今日は家族がさいたまから

帰ってくるということで

 

 

 

朝から大掃除を笑

 

 

 

親戚一同にちやほやされて

いろんな体験をして

帰ってくるんじゃろう

 

 

 

あいかわらず

UFOキャッチャーの腕前は

大したもんの様子で笑

 

 

 

ムスメがまだちっちゃかったころ

仕事が休みの日には2人で

ゲーセン巡りをしたもんじゃ

 

 

 

あの熱狂と集中力は

誰に似たんかのう笑

 

 

 

これと決めたら

お小遣いないなるまで

熱中するからな〜

 

 

 

結局とれんかった時の

あの悔しそうな顔は

忘れることはありません

 

 

 

悔しいという気持ちが

次へのエネルギーになる

 

 

 

いい経験したなと想う

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

何かひとつにでも

熱中してやってみることで

学べることはたくさんあるし

 

 

 

結果その姿勢は

ほかのことに挑戦するときに

必ず活きてくるもの

 

 

 

でもほんと

くやしいって気持ちは

大きなチカラに変わる

 

 

 

したくはないが

悔しい想いをたくさんした方が

大きくなれるのは間違いないから

 

 

 

いろんなことに挑んで

時には悔しい想いをしながら

たくましくなっていけばええ

 

 

 

おとーちゃんも負けじと

挑戦を続けながら

 

 

 

ムスメの成長を

見守っていこうと想う

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

さてさて開場まで

あと30分か笑

 

 

 

陽も出てきたし

そのへん散策してみょ〜

 

 

 

本日もお読みいただき

ありがとうございます

 

 

 

また描きますね

 

 

 

ではでは〜

 

 

 

お問い合わせ

活動地域 広島県全域
マップを見る
営業時間 平日10:00〜18:00
ホームページ

           

猟師&料理人

                               
名前山本 里志
住まい広島県

Profile

21歳より飲食店で働き始め37歳で和食店「京蒸」を広島市の一等地に独立開業

8年間営業をする中で自身の体調不良や妻の免疫系疾患を経験する

これをきっかけに 「カラダは食べ物で出来ている事」を痛感する

現代に溢れる食べ物はカラダを壊すまがい物と知り自然な食材の大切さに気づき、化学調味料や農薬まみれの野菜や養殖の魚や家畜などを食べない自然なものだけの食生活を 約2年間続けることで自身も妻も健康を取り戻した経験を持つ

その経験から野菜は無農薬野菜 魚は天然 肉は自ら猟師として調達するジビエ 調味料は天日塩のみを使用するカラダのためにしかならない食事を考案する

より多くの方に食事の大切さを伝えるべく店舗を閉め自然な食の大切さを伝え歩く猟師&料理人として2023年1月より再スタートを切る

化学調味料を使わない料理は「味気ない」「美味しくない」と評されることが多いが料理歴25年の経験と知識から独自の「美味しさ」を表現する「重ね煮」のスタイルを考案し現在に至る

現在は広島以外にも顧客を持つ出張料理人として活躍しながら猟師としての講演も人気を博している

人気記事(月間)

まだデータがありません。

月別記事