命を伝え自然で癒す猟師&料理人
山本里志

【広島の猟師&料理人】のやまもとが流れる水をみながら考えたのはこんな事

自然について

vol.730

 


 

 

 

まいどです〜

 

 

猟師&料理人の

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

本日も

土木の現場へ行ってきた

 

 

 

新しい現場は矢野というところ

 

 

 

熊野へ抜ける坂道の途中の

河川の補修の現場へ

 

 

 

川の真ん中に

生コンを打って補修するという

どーやってやるん?な現場

 

 

 

まずは川の水の流れを

変えるところから始まった

 

 

 

底にたまった土砂をかきだして

土のうを作っては川へ置いていき

 

 

 

流れを端に寄せてからの

 

 

 

 

 

 

生コンを打つところを

50センチの深さに掘っていく

 

 

 

 

ほぉ〜

こうやってやるのね〜

 

 

 

しかしパッとみた感じ

そんなに水量は多くないように見えて

 

 

 

端っこに寄せていくと

ものすごいパワーをみせた

 

 

 

水の圧ってやっぱすげえ

 

 

 

そしてこんなに

ずーっと水が流れ続けていることに

 

 

 

なんか感動してしまった

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

大自然の恵である水は

繁栄の基盤になるもの

 

 

 

海水は飲めんけど

山からの水は飲めるし作物も育つ

 

 

 

真水がないと暮らせないやつ

 

 

 

そしてもともとはきっと

海の近くにしか住めなかったはず

 

 

 

日本には

山の中には

塩がない

 

 

 

山の中でも暮らせるようになったのは

塩を持ち運べるようになってからじゃろう

 

 

 

海藻を焼いて塩を作ったりが

できるようになってからだろうな

 

 

 

この辺の推察が正しいかは

考古学の論文とか探して

読んでみんといけんな〜笑

 

 

 

 

 

 

キレイな水に恵まれてるのは

世界でもかなり稀な事で

 

 

 

日本の水道水は

まぁいろいろと言われてはおりますが

たしかに飲んでハラ壊したことはない

 

 

 

それがまぁ

絶対に食中毒を出してはならない

コンビニ弁当や惣菜みたいに

 

 

 

不自然なチカラで守られてるなら

なんだかなぁって感じもするが

 

 

 

モンクばかりじゃ

建設的じゃないしね

 

 

 

前に安芸高田市の水道課に

水道水について

問い合わせたことがあるんじゃが

 

 

 

水源が複数あることと

処理の仕方はそれぞれの水源でやってるから

細かいことはわからないが

安全の基準はクリアしているから大丈夫

 

 

 

とのことじゃった

 

 

 

安全=食中毒を起こさない

 

 

 

これが今の日本のスタンス

 

 

 

食べても大丈夫

飲んでも大丈夫

おなか壊しましぇん!

 

 

 

基準はクリアしとりましゅ!

 

 

 

その先に何が起こるかは

把握しておりましぇんし

考えないようにしとりましゅ!

 

 

 

こんな感じかな笑

 

 

 

安全=自然なもの

 

 

 

本来はこうだったはずだ

 

 

 

川の真ん中で

そんなことを想う

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

 

あとはなんでも

 

 

 

殺菌してしまえ!

除菌してしまえ!

滅菌してしまえ!

 

 

 

これにも通じる

謎の安全神話

 

 

 

菌のいない世界

 

 

 

そんなの

あるわけないのにね笑

 

 

 

 

さてさて明日も

現場仕事なんではよ寝ます

 

 

 

本日もお読みいただき

ありがとうございます

 

 

 

また描きますね

 

 

 

ではでは〜

 

 

 

 

お問い合わせ

活動地域 広島県全域
マップを見る
営業時間 平日10:00〜18:00
ホームページ

           

猟師&料理人

                               
名前山本 里志
住まい広島県

Profile

21歳より飲食店で働き始め37歳で和食店「京蒸」を広島市の一等地に独立開業

8年間営業をする中で自身の体調不良や妻の免疫系疾患を経験する

これをきっかけに 「カラダは食べ物で出来ている事」を痛感する

現代に溢れる食べ物はカラダを壊すまがい物と知り自然な食材の大切さに気づき、化学調味料や農薬まみれの野菜や養殖の魚や家畜などを食べない自然なものだけの食生活を 約2年間続けることで自身も妻も健康を取り戻した経験を持つ

その経験から野菜は無農薬野菜 魚は天然 肉は自ら猟師として調達するジビエ 調味料は天日塩のみを使用するカラダのためにしかならない食事を考案する

より多くの方に食事の大切さを伝えるべく店舗を閉め自然な食の大切さを伝え歩く猟師&料理人として2023年1月より再スタートを切る

化学調味料を使わない料理は「味気ない」「美味しくない」と評されることが多いが料理歴25年の経験と知識から独自の「美味しさ」を表現する「重ね煮」のスタイルを考案し現在に至る

現在は広島以外にも顧客を持つ出張料理人として活躍しながら猟師としての講演も人気を博している

人気記事(月間)

まだデータがありません。

月別記事