命を伝え自然で癒す猟師&料理人
山本里志

【広島の猟師&料理人】のやまもとは実家で静養しています

おすすめ

vol.724

 


 

 

まいどです〜

 

 

猟師&料理人の

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

今日は久しぶりに

安佐北区白木町の実家へ帰省

 

 

 

引越しの疲れを癒すのじゃ

 

 

 

 

 

 

ハラパンパン笑

 

 

 

昨日でようやく全部屋を制圧

納屋はまだじゃけど笑

 

 

 

新居のあんばいを報告したり

忠左衛門の話をしたり

 

 

 

よけいな心配をするのは

母さんのお家芸じゃな笑

 

 

 

寝室のテレビが壊れたらしく

 

 

 

「いらんのあるけ〜持って帰ろか?」ゆーたら

 

 

 

「勝手に使ってええんね?」と

なんのこっちゃら〜

 

 

 

ワタシはテレビは観ませんし

真っ先にどけたのはテレビです

 

 

 

実家に帰っても

府中町の本宅に帰っても

 

 

 

いつもテレビがついている

 

 

 

みんなそんなに

テレビってつけてるもんなの?

 

 

 

疲れるんじゃないかね?

映像と音声をずっと観たり聴いたり

 

 

 

クルマの中で

音楽かけるのもなんか疲れるから

いつも無音で運転しとる

 

 

 

大阪に出張料理に行った時は

さすがに音楽かけたけど

 

 

 

片道10時間の旅じゃった

 

 

 

延々と斉藤和義のアルバムを

さかのぼって聴きながら

 

 

 

疲れからか

帰りは無音じゃったけど笑

 

 

 

必要か必要じゃないか

 

 

 

この2択で生きている

 

 

 

そんなやまもとです

 

 

 

ほんとに必要なものだけ

手元に置いておく

 

 

 

いらないものは

さっさと手放してしまえ〜

 

 

 

おかげでやまもと帝国は

スッキリと片付きました

 

 

 

よけいなものを持たない暮らし

 

 

 

シンプルで気持ちがいいよ

 

 

 

自然のなかで

自然のままに生きていく

 

 

 

明るくなったら目を覚まし

暗くなったら寝る

 

 

 

まわりに住んでる人もおらんし

あえてカーテンなしの暮らしにしてみたら

 

 

 

より自然を感じられるようになった

 

 

 

2階を寝室にしたんじゃが

朝起きたら

いきなりこんな光景とか

 

 

 

 

 

水墨画かと想ったやつ笑

 

 

 

夜は庭で焚き火して

火が消えたら寝ればええし

 

 

 

布団に横になったら

この窓から

星空もみえるしね

 

 

 

カーテンせんで正解

 

 

 

庭には

梅と椿が咲き誇り

 

 

 

春の訪れを感じさせてくれる

 

 

 

寒いっちゃ寒いが

それもまた自然の一部

 

 

 

火を焚けば

カラダの芯までポカポカ

 

 

 

自然と共に生きていける

田舎での暮らしはいいもんです

 

 

 

さてさて明日は

久しぶりに山へ

単独猟に行こうかな

 

 

 

てなわけで

はよ寝ます

 

 

 

明日もいい日でありますように

 

 

 

 

本日もお読みいただき

ありがとうございます

 

 

 

また描きますね

 

 

 

ではでは〜

 

 

 

お問い合わせ

活動地域 広島県全域
マップを見る
営業時間 平日10:00〜18:00
ホームページ

           

猟師&料理人

                               
名前山本 里志
住まい広島県

Profile

21歳より飲食店で働き始め37歳で和食店「京蒸」を広島市の一等地に独立開業

8年間営業をする中で自身の体調不良や妻の免疫系疾患を経験する

これをきっかけに 「カラダは食べ物で出来ている事」を痛感する

現代に溢れる食べ物はカラダを壊すまがい物と知り自然な食材の大切さに気づき、化学調味料や農薬まみれの野菜や養殖の魚や家畜などを食べない自然なものだけの食生活を 約2年間続けることで自身も妻も健康を取り戻した経験を持つ

その経験から野菜は無農薬野菜 魚は天然 肉は自ら猟師として調達するジビエ 調味料は天日塩のみを使用するカラダのためにしかならない食事を考案する

より多くの方に食事の大切さを伝えるべく店舗を閉め自然な食の大切さを伝え歩く猟師&料理人として2023年1月より再スタートを切る

化学調味料を使わない料理は「味気ない」「美味しくない」と評されることが多いが料理歴25年の経験と知識から独自の「美味しさ」を表現する「重ね煮」のスタイルを考案し現在に至る

現在は広島以外にも顧客を持つ出張料理人として活躍しながら猟師としての講演も人気を博している

人気記事(月間)

まだデータがありません。

月別記事